ウッドデッキの写真いろいろ

ホーム » ガーデンDIY、外構・庭づくりいろいろ » ウッドデッキ(大工施工編) » 友人宅のウッドデッキの写真

前ページの友人宅のウッドデッキの続き。

ウッドデッキの写真です。

2段ウッドデッキ

ウッドデッキ全体写真

上の写真が、ウッドデッキの全貌。

奥の方に薪がおいてある。薪ストーブ用の薪だ。なんとも羨ましい。

フェンスとデッキ

ウッドデッキの奥には木製フェンスがある。
我が家の木製自作フェンスより、はるかにがっしりとして立派。

そして右側には、薪ストーブがある。ウッディーな生活。

ウッドデッキの基礎

気になる基礎がどうなっているか。散水栓を取り出す穴からカメラを入れて撮影してみた。

全貌

ウッドデッキの基礎の全体写真がこちら。強い日光で見にくいけど、コンクリートの束の上に鋼製の束柱を載せ、大引を支えているのがわかる。

基礎の詳細写真

左側の金具の部分が鋼製の束。ネジで固定されている。
見にくいけど、奥の方の基礎は、プラ束を使っているように見えなくもない。

ウッドデッキの独立基礎

基礎単体の写真。

キシラデコールが垂れているのはご愛嬌。

外構業者が施工した割りには、鋼製の基礎は束石の真ん中に来ていない。
他の基礎コンクリートも調べてみたけど、基礎ブロック石と鋼製の束が揃っていないところが多かった。
考えてもみれば、基礎ブロック石の中に柄が収まっていればいいのでそれほどシビアにならなくてもいい。

ちなみに、束と基礎コンクリートはボルトでは固定されていなかった。
単体で見ると心配になるけど、ウッドデッキ全体を見渡せば、それほど気にすることではないと思う。

砕石が敷いてあった

印象的だったのは、ウッドデッキの下全体に採石(砂利)が敷いてあったこと。
なんだかんだ雨が降ればウッドデッキのしたには水が入っていくし、排水性を考慮していくのは大事なこと。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ウッドデッキの写真いろいろ