水盛り遣り方

ホーム » ガーデンDIY、外構・庭づくりいろいろ » 木製物置小屋 » 水盛り遣り方

杭を打ち、整地を終えたら次は水盛り遣りかたを行う。

水盛り遣り方

物置を建てる場所の周りに水貫き板を取り付けるため、水盛り缶を使用し、水平をとる。
水平垂直だけはさすがに「DIYだから適当に」というわけにはいかないので、ペットボトルとホースで自作した簡易水盛り缶で水平を確認することにする。

ペットボトルで水盛り缶を作る

まず、ペットボトルのキャップにホースと同じ径の穴をあける。
そしてそこにホースを入れ、ガムテープでぐるぐる巻きにする。

ネットで事前に調べた感じでは、水漏れに困るという人が多かったようだけど、我が家のDIYでは水漏れに困ることはなかった。
むしろ、水がホースにきちんと入らず、ホースの中の気泡を抜くのが大変だった。

ホースは気泡が入りにくいように、外径12ミリの結構大きめなものを使用したが、これが逆に仇となったのかもしれない。もしかしたら細いホースのほうが空気が入りにくいのではなかろうかと、後になってから感じた。

経験がないDIYというのは苦労するものだ。。。

杭に目印をつける

水盛り缶を元に水平を確保する妻自作ペットボトル水盛り缶を敷地の真ん中に置き、4隅に打った杭に水平の目印をつけていく。
と言葉で書くと簡単だけど、

  • 何度やっても微妙に高さがずれる。
  • ホースが細いためか、中の水が張力で真っ直ぐになっていない

ということでかなり苦労した。
結局、一本の杭あたり5回ほどしるしを付け直して、何とかすべてが水平(たぶん)と思われる高さを出した。

水盛り缶イメージ図

やりかた

続いて、水平線を基準に「やりかた」を張っていく。
よくわかんないので、基礎の天端となる高さのところに遣りかたを張る。

水糸を張る

続いて、やり方の上にネジを打ち、そのネジに水糸を結んで基準線を出していく。

大矩を作る

物置の基礎となる長方形を作るためには、水糸同士を垂直にする(直交させる)必要があるのだけど、トランジットがないので、直角を出すための便利な道具「大矩」を手作りした。

大矩

大矩の作り方

大矩に沿って水糸を張る

まずやり方の天端にコーススレッドを打ち込み、基準となる水糸を一本張る。

次にブロックを使用し、大矩を遣り方の天端近くまで持ち上げる。

大矩と水糸

そして、大矩に引かれた線と水糸が直交するよう微妙に水糸をコントロールして、直角を確かめた上で、水糸を張る。
かなり神経を使う作業だけど、大矩のおかげで容易に垂直を確保することができた。

このエントリーをはてなブックマークに追加

水盛り遣り方