DIYで縦板張りフェンスを作る(ブロック塀の取り壊し)

ホーム » ガーデンDIY、外構・庭づくりいろいろ » 木製フェンス » ブロック塀の取り壊し

フェンスイメージを研究まずは、現地に立って、どんな形状のフェンスがいいか改めて考え直す。

実際にブロック塀の上に図面に近いイメージの木を立てながら、庭からの景観、道路側からの遮蔽度などを総合的に勘案しながら、ベストなイメージを追及していく。

結局「縦張り」であまり遮蔽度は高くしないということで方針は一致した。

ブロック塀の解体

石頭ハンマー 続いては、既存のブロック塀を取り壊す。
既存のブロック塀を壊して、そのあとに、フェンスの基礎としてじゅうぶん耐えうるような丈夫なブロック基礎をDIYで積んでいくことになる。
ブロック塀を、ホームセンターからレンタルしてきた、コンクリートブレーカーで壊し始める。

途中から、石頭ハンマー(右写真)で強く叩くだけで壊れることがわかったので、ひたすらブロック塀を打ち砕いていく。
結局ブロック塀の取り壊しは、石頭ハンマーでの作業がほとんどだった。
つまり、ブロック塀を壊すぐらいならDIYでもわりと容易にできるというわけだ。

既存ブロック塀は当然無筋だと思っていたのだけど、ちゃんと鉄筋が入っていた。
おまけに擁壁にアンカーが差してあった。

ブロック塀を壊した写真

上の写真が2階から撮影したブロック塀除去後の様子。
画像が汚いけど、黄色っぽいのが水糸。その下に垂直に立っているのが差してあった鉄筋。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

DIYで縦板張りフェンスを作る(ブロック塀の取り壊し)