ブロック塀をDIYで積む(作り方)

ホーム » ガーデンDIY、外構・庭づくりいろいろ » ブロック積み » ブロック積みDIYの詳細

準備はすべて完了。ついにブロックを積むDIYを開始することになった。

今回積むブロックは2段。なので垂直に関してはさほど心配していないのだけど、何せ物置の基礎としてのブロック積みなので、上から見てちゃんと長方形になるかどうか、むしろそちらのほうに注意を注ぐ必要がある。

ブロックの図面

平面で見ると下記のようになる。
きちんとした長方形になるためには、対角線の長さが同じである必要がある。

上から見てきちんとした正確なDIYが問われるところだ。正確に水盛りやり方で出した水糸の線にあわせる必要がある。

ブロック積み平面図

基礎ブロックのDIYにあたって準備したもの

ブロックをDIYで積んでいくにあたって準備したものは下記の通り。

材料

  • ブロック(C種)幅120mm:普通用と横筋用とコーナー用
  • セメント
  • 砂:家に余ってた川砂

ブロックを積むにあたって準備した道具

  • 一輪車(ネコ):モルタルを捏ねるために必要
  • 水平器
  • 水糸
  • コテ数種
  • ゴムハンマー
  • 強靭バケツ

他にも何かあったかもしれないけど、だいたいこんなところだ。

DIYでのコンクリートブロックの積み方

ブロックの積み方といっても、素人がDIYでやるのとプロがやるのではスピード、スキルとも違う。
プロは目地を作りつつブロックを並べエていくらしいけど、DIYでブロック積みする場合には、 そんなこともできないので、下のようにモルタルを強いてその上にブロックを置き、最後にブロック間にモルタルを詰め、目地を整えていった。

ブロックを切断

グラインダーで切断 ブロック1個の長さは39センチ。図面にあるように、中途半端な長さのブロックがあるので、ディスクグラインダーを使ってブロックを切断する。

動画の通り、コンクリートブロックを切断するとものすごい粉塵が出る。

コンクリートブロック積み

ここからは、ブロックを積んでいくDIYに入る。

ブロックの下半分を水につけ、モルタルの水を吸わないようにしておく。
ブロックにはテーパーがあるので、上下間違えないように留意しなければならない。

ブロック積み1段目

コンクリートブロックが水を吸うまでの間にモルタルを練っておく。

基礎のほうにも水打ちをしモルタルを乗せ、ブロックを置いてみる。

ブロックの水平1

ブロックの水平2

ゴムハンマーで叩くとにかく水平になるように、ゴムハンマーでブロックを叩くが、なかなか思ったように水平にならない。長辺方向が水平になったと思っても短辺方向が水平にならなかったりと、とにかくコンクリートブロック積みのDIYは大変だ。

1段目ですら苦労するのだから、プロが6段とかのブロック塀を積むのはすごいことだと感じた。

空隙にモルタルを詰める

ペースこそ速くないもののジャンジャンブロック積みを行っていく。上の写真は鉄筋が入るブロックとブロックの間にモルタルを詰めるDIYを行っている様子。

ブロック積み2段目

2段目のブロック積みは、1段目よりもさらに難しい。

何度もやり直ししながらのDIYとなった。

2段目のブロック積み

水平を調整

ブロック積み完了

ブロック積みが終わったら、天端に鉄筋を入れる。下の写真は、鉄筋を入れる前の様子。

下の写真が全体図。手前と奥が横筋用ブロックにはなっていない。これは後になって思えば勘違いだ。

完了

最後に目地コテで目地を仕上げる。これはかなりいい加減に作業をした。

天端のモルタル詰めを行った後の、ブロック積み完成写真は残念ながら残ってない。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ブロック塀をDIYで積む(作り方)