ブロック用の縦筋を差す

ホーム » ガーデンDIY、外構・庭づくりいろいろ » ブロック積み » 鉄筋工事(その2)

ベースとなる基礎コンクリートの上に鉄筋を差す。

本来ならば、立ち上がりの鉄筋は基礎コンクリートの中で結わえた上で施工しなければならないのだけど、下記理由により鉄筋アンカーを使用した。

  • プロもブロック積みの際、基礎施工の後、鉄筋アンカーで鉄筋を立ち上げていた。
  • 正確な鉄筋設計をしていなかった。
  • そして何よりも面倒。

基礎コンクリートに穴を開け、鉄筋を差す

この作業自体は友人宅のフェンスDIY時に行った手法と同様。
詳細な手法や鉄筋アンカーとは何ぞやなどといったことについてはそちらに詳しいので、こちらでは簡略説明と写真を掲載しておく。
とりあえず、やったことと言えば、下記の通り。

鉄筋アンカー正面図

コンクリートへ穴の開け方

穴の開け方といっても別に難しいことはない。
振動ドリルを使用し、猛烈な粉塵と戦いながら穴を開けていくだけ。
モルタルやコンクリートブロックに穴を開ける場合は素材が比較的軟らかいのでスムーズに穴を開けることができるがコンクリートの場合は、ドリルの先端が骨材に当たってなかなか穴が空かない場合があった。そんなときはドリルのピットを細いものに交換し、小さめの穴を開けてから本来のドリルピットで穴を開けた。

コンクリートへの穴あけ

でも、チャックの締めが甘かったのか、今回の工事でチャック部分がおかしくなってしまった。

鉄筋アンカーを差す

下の写真の左側が鉄筋をちょっとだけ挿入した見たところ。こいつを石頭ハンマーでガツンと何回か叩くと、鉄筋アンカーは抜けなくなる。テクニックも何も入らない、誰でもできるDIYだ。

石頭ハンマーで叩く

鉄筋を差し終われば、もう抜けることがない。

差した様子

縦筋DIYが完了

80センチ間隔に鉄筋アンカーを入れ、縦筋の工事が終わった。

鉄筋工事完了

次はいよいよブロック積みだ。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

ブロック用の縦筋を差す