ブロック塀に木のフェンスをくっつけて覆う(検討編)

ホーム » ガーデンDIY、外構・庭づくりいろいろ » ブロック塀をかっこよく » ブロック塀に木のフェンスをくっつけて覆う(検討編)

前庭~玄関に入るまでのアプローチ横にあるブロック塀がどうもみっともないので、化粧することにした。

和風庭園のほうは、美ブロシルキーという塗り壁材を使ってDIYで仕上げたが、今回は下記の理由により塗り材は見送り、板塀を前面に施すことにした。

コスト(金がかかる)
施工面積が10m2あり、たとえDIYでやったとしても、それなりのコストがかかる。
どうせ見えなくなる
ブロック塀の手前には木をいっぱい植えて、いずれあまり見えなくする予定。 将来的には、ブロック塀は、わずかに透けて見える程度になるので、それほど気にしなくてもいい。

工法の検討

ブロック塀に板を直接打ち付けてしまう方法

風圧を考える必要がないので、適当に作ることができる。
ただ、ブロック塀に穴を開けなければならない。 
このあたりは、いろいろ調べた結果、振動ドリルさえあればDIYでも何とかなることが判明。
よってこの方法を採用。

ブロック塀の前に基礎を作ってフェンスを建てる方法

ブロック塀に穴を開けることができなかった場合には、基礎を作ってフェンスを建てようと思っていた。
でも、既存ブロックの基礎とのとりあいを考えると、ブロック塀とフェンスの間を相当離さなければならず、木を植えるスペースが狭くなるので、今回は見送った。

材料の検討

ブロック塀化粧材 

コンクリートがむき出しにならなければそれでいいので、材料はで安価な厚さ9mmの杉板とした。
防腐処理した1x4材やウエスタンレッドシダーは高いのでパス。
とはいうものの、すぐに朽ちてしまっても困るので、クレオトップを塗ることにした。
クレオトップはクレオソートの代替品。クレオソートよりも安全なのが売り。

胴縁

ブロック塀と化粧材をつなぐ木。
こいつはある程度厚さがほしかったので、1x4材を使うことにした。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ブロック塀に木のフェンスをくっつけて覆う(検討編)