2010年のガーデニング

ホーム » ガーデニングと家庭菜園の記録 » 我が家のガーデニング » 2010年のガーデニング

2010年は、かなりガーデニングを頑張った年。

サッカーワールドカップ南アフリカ大会開催の年だったので、花も南アフリカ原産のガザニアを久しぶりに植えてみた。

最初はガザニアも最高に咲きがよく、絶好調だったが、だんだん他の花にうもれてしまった。

あと、テルテルハートというかわいい名前のコリウスを見つけたので、育ててみた。

ガーデニング・主な出来事

とにかく暑くて花の管理が大変!

夏は、異常気象と言えるほど暑い期間が続いたので、花の咲きが悪くなった。

切り戻すと枯れてしまうんじゃないかと思えるほど暑かった。

勇気を持って切り戻しをしたら、秋になってまた花が咲いた。

水やりも大変だった。しおれささないように、蒸らさないように、かなり気を使った。

ガーデニングは天気に左右される趣味だなと改めて実感。

フロントヤードの本格的なガーデニング

これまでで一番前庭のガーデニングに気合いを入れた。

前庭ガーデニング

植えた花は、高いところ(写真左側)からコリウス、アゲラタム(高性種)、ジニアプロフュージョン、ガザニア、メランポジウム。

春と秋は花いっぱい

写真は、2010年9月30日のバックヤードの様子。『これぞまさにガーデニング!』というぐらい花盛り。

トウガラシが微妙にアクセントになっている。

とにかくジニアプロフュージョンの咲きが凄まじかった。

ジニアとトウガラシの間にサルビアがあったんだけど、なぜかあまり生育がよくなくて、ジニアプロフュージョンに花壇を占領されてしまった。

2010年に植えた花(主なもの)


コリウス

ジニア

アゲラタム

ガザニア
 

コリウスはテルテルハートと赤いのの2種。
赤いのはわりと大きくなるタイプ、斑入りのテルテルハートは矮性でハンギングバスケット向きの種類なので、大きさをあわせるためにこまめに剪定をした。

アゲラタムは高性種。高性種を植えるのは久しぶり。

他には、トレニアとかインパチェンスを植えた。

このエントリーをはてなブックマークに追加

2010年のガーデニング