2006年のガーデニング

ホーム » ガーデニングと家庭菜園の記録 » 我が家のガーデニング » 2006年のガーデニング

とにかくガーデニングを楽しんだ年だった。

ガーデニング雑貨とラティスで前庭を飾った

前庭

写真のように、前庭は木製のコンテナ、ラティスフェンス、レンガで飾ってみた。

ラティスフェンスはコンクリートブロックにくっつけてあるように見えるが、実は手前のプランターで倒れないようにしてあるだけ。プランターは重いので、もちろん倒れることはない。

プランターは、3段に並べて高さを持たせた。おかげですごく見映えがよくなった。

なんちゃってレンガ積みがよかった

手前にあるのがレンガ。まるでレンガ花壇に見えるけど、実ははただ単にレンガを積んでみただけ。置いただけの割りには見映えがとてもよく、意外に感じたと同時に、「このアイディアはガーデニングに使える」と思った。
置いただけなので、いつでも他の場所で別のデザインでなんちゃってレンガ積みができる。

レンガの手前にあるイーゼルはDIYで自作したもの。
山で拾ってきた木をネジで止めただけのシンプルなものだけど、とても満足している。

2011年と同様、レンガ積みの前にある花壇に一年草を植えることにした。
選んだ花はニチニチソウ。

バックヤードも花いっぱい

バックヤードの写真

バックヤードは、花の色のコンビネーションにこだわった。

左側のブルーベリーの木の前にはベコニアとメランポジウムを交互に植えた。
直射日光を好む花メランポジウムと日陰でも育つベコニアのコンビネーションは多少ためらったが、結果としてとてもきれいに育った。

レンガ花壇には細葉のジニアを植えた。矮性種のジニアは葉がしっかりしたものが多く、細葉のものは珍しい。
細い葉はスッキリして、とてもさわやかな感じがした。

このエントリーをはてなブックマークに追加

2006年のガーデニング