DIYで土留めのレンガを曲線積み(準備編)

ホーム » ガーデンDIY、外構・庭づくりいろいろ » レンガ積み » 曲線レンガ積み(準備編)

約30センチの高低差がある箇所の土留めをレンガ積みで行った。

施工延長は約8メートル。高さは、4段。

手前はおしゃれなレンガ花壇にする予定。

コンクリートDIYは限りなく初心者に近い。が、基礎を作るには避けて通れない道。

レンガ花壇とその奥に広がるカッコイイ家庭菜園を夢見ながらDIYを始めることにした。

レンガ積み以外の土留めはこちら

レンガ積み土留めの図面

レンガの積み方の図面が下にある。
左が一般的な(正しい)レンガ積み方。
でも

  • 予算がない
  • コンクリートを捏ねるのが面倒
  • 砕石が庭に散らばるのがイヤ 

ということで、砕石も敷かず、いきなり土の上に薄めのコンクリートを敷くという最低仕様の方法を採った(右図)。

レンガ図面

実際は、基礎が薄すぎてコンクリート基礎が割れてしまった。最低仕様どころではなかった。
ということで、こんな薄いコンクリート基礎はおすすめしません。

コンクリートの最低打設厚

一般的には、入ってる砕石の大きさ×2が最も薄く施工できる厚さ(のはず)。なので20ミリ程度の砕石が入っている場合は、最低打設厚は理論上4センチになる。
DIYだったら最低厚でも一向に構わないと思うけど、我が家の場合は最低厚にしたら割れてしまった。これは、薄すぎたのはもちろんだけど、

  • 下層地盤の転圧悪かったり(そもそも砕石も敷かなかったし)
  • コンクリートの練りが甘かったり
  • コンクリートの鏝押さえが甘かったり

で空隙ができ、そこに力が加わってしまったためかもしれない。

なので、これからDIYでコンクリートを打つ人は上記に留意して、多少の余裕を持って厚さを考えるといいと思う。

レンガ積みの材料

穴開きレンガ
約100個購入した。
大きさは、約24センチ×12センチ×7.5センチ。レンガ積み専用の分厚いもの。
穴開きにしたのは、鉄筋を入れて強度を増したかったからではなく、ただ単に安くて軽いから。
1個155円のものを2色ランダムに混ぜて使用。
天端用レンガ
約40個購入。
天端は、穴開きというわけにはいかないので、積みレンガ用の穴なしバージョンを購入。
セメント
1袋(25kg)購入。目地モルタルとして使用。
コンクリート
調合済みのものを5袋購入。
基礎に使用。混ぜるのが面倒なので少々値が張るが、調合済みのを購入した。
このエントリーをはてなブックマークに追加

DIYで土留めのレンガを曲線積み(準備編)

ガーデンDIY、外構・庭づくりいろいろ

ホームセンターのコメリドットコム